パーソナルカラー検定対策講座

 

色彩技能パーソナルカラ検定 ®は、実務上必要な「色の見分け」に重点を置いた「実際に色を見分ける実力があるかどうか」を重視した試験です。

検定を実施するNPO法人日本パーソナルカラー協会は色彩学に基づいて「色の属性による効果」として初めて理論化しました。

このパーソナルカラー理論は特許を取得しています。

表色系(色を表示するものさし)は『PCCS』と『マンセル表色系』を採用しています。

これら2つの表色系は、色彩のプロ同士が話すとき使う共通語のようなもので、実務で大変役立ちます。

 

モジュール1(初級)

 

12時間(3時間×4日) 23,000円(税別)

① 色彩の基礎知識

  ② パーソナルカラーの基礎知識など 

モジュール2(中級)

12時間(3時間×4日) 25,000円(税別)

①色彩理論(PCCSやマンセル表色系等、色彩検定2級程度の知識)

②パーソナルカラー理論など

モジュール3(上級)

6時間(3時間×2日)  25,000円(税別)<モデル料含む>

※モジュール3対策講座はモジュール 2 を合格した方のみ対象です

 

  • モデルに試験官がドレープ(布)を用いて行う試験方法
  • 実際にドレープ(布)の属性を見極める
  • 試験官担当経験有りの日本パーソナルカラー協会認定講師が直接指導
  • モデルを使った本番の試験に対応した模擬試験

使用教材:公式テキスト・ワークブック・パーソナルカラーカード・199aカラーカード等(各自ご用意ください)

 

<注意事項>

  • 別途検定料がかかります
  • 受講料は銀行振込にてお願いします
  • 参加人数によっては終了時間が変わることがあります